私について・・・

-2~30代の頃 部屋の模様替えが出来る仕事、という感覚で始めたインテリアスタイリストの仕事。

その仕事が縁でハマっていった和の世界、和食器の世界。

器の店がしたいという夢は、結婚して子供が出来てからは自分とは縁遠い場所に追いやってしまっていたけれど

ひょんなきっかけで富田林の寺内町という風情のある素敵な町の小さな古い蔵で小さな器のギャラリーをOpen.

器の作家さんや寺内町でのご近所の店主さんたちとのご縁の中で

物作りの楽しさや厳しさも教えていただいたように思います。

その後残念ながらギャラリーは閉めてしまいOnlineShopでの運営を続けております。


その時のギャラリーで贈り物のラッピング用にと結び始めたのが水引でした。

オーナメントとして見よう見まねで結び始めた水引でしたが、色の豊富さや、形の美しさ、歴史

何より結ぶことにハマってしまい、現在ではminneさんで水引と筆文字をコラボしたアートフレームを中心に

皆様にご紹介するようになりました。


子供たちを育てる中、もうしばらくは

物作りに没頭するわけには行かない環境ではありますが

自分自身のしたいこと と

自分がすべきこと を見つめながら、

がむしゃらに突き進めるほど若くはないかもしれませんが

ほどほどに、ではなく

ひたむきに物作りをしていきたいと思っています。